日本1

到『明治三年』(1870),政府感覺到平民沒有姓,對於編排戶籍、課稅、征役等都非常不便,於是號召大家都取姓,為此,日本政府於『明治八年』(1875) 頌布了強制性的《苗字必稱令》,「凡國民,必須取姓」的命令,人們才匆匆忙忙找起姓來,日本姓氏類別極其繁多,大致上有以下幾項分類:

 

姓氏的類別

氏族型

到了「明治八年」(1874),部份從來沒有姓的農民獵戶,在政府強制要取自己的姓的時候,也希望可以取一個較體面的姓,眼見「藤原氏」家族地位顯赫,也想沾點「藤」字的光,再結合自己居於山野田間的狀況,於是「藤田」(ふじた Fujita)、「藤本」 (ふじもっと Fujimoto)、「藤井」(ふじい Fujii)、「藤山 」(ふじやま Fujiyama)、「藤川」(ふじかわ Fujikawa)、「藤条」(ふじえだ Fujieda) 等等姓氏就誕生了。

名前型

跟上面所說的情況差不多,有些人其實本身跟那些氏族、武士家族等並無半點關係,不過政府既然要強制取姓,覺得何不取些威風的姓,便索性以古代武士的名當姓用,像「酒井」(さかい Sakai)、「本多」(ほんだ Honda)、「上杉」(うえすぎ Uesugi) 等,這些都是源自古代武士名的姓。

地理型

這個類型的姓相當普遍,當時一般的山野農民,知識水平不高,哪懂得取姓,就想到以自己的居住地特徵為姓。姓氏中其中一字多取自農村的風景:如「田」、「山」、「石」、「泉」等。以「河村」(かわむら Kawamura) 這姓氏為例,便有此地的居民「附近被河流圍繞著」之意;看到「田中」(たなか Tanaka)、「山下」(やました Yamashita)、「山吹」(やまぶき Yamabuki)「石田」(いしだ Ishida)、「石橋」(いしばし Ishibashi)、「大泉」(おおいずみ Ooizumi) 等姓氏,大概可想像到他們曾居住在怎麼樣的地方了。住在「青木村」的就姓「青木」(あおき Aoki),住在橋邊的就姓「大橋」(おおはし Oohashi),家門口長棵松樹的就叫「松下」(まつした Matsushita);門前有一座山的,就姓「山口」(やまぐち Yamaguchi)。

於是「平原」(ひらはら Hirahara)、「中江」(なかえ Nakae)、「井口」(いぐち Iguchi)、「井上」(いのうえ Inoue)、「上方」(かみがた Kamigata)、「上野」(うえの Ueno)、「上原」(うえはら Uehara)、「市原」(いちはら Ichihara)、「河村」(かわむら Kawamura)、「河內」(かわうち Kawauchi)、「雪野」(ゆきの Yukino)、「陸前」(りくぜん Rikuzen)、「深海」(ふかみ Fukami)、「海江田」(かいえだ Kaieda)、「茄子川」(なかつがわ Nakatsugawa) 、「八千古島」(やちこじま Yachikozima) 等姓氏統統面世了。

甚至還有「迫水」(さこみず Sakomizu) 「酒泉」(さかいずみ Sakaizumi)「酒田」(さかた Sakata) 、「左右田」(さうた Sauta) 、「油井」(あぶらい Aburai) 、「嵯峨山」(さがやま Sagayama) 這些中國人覺得怪怪的姓也一下子湧了出來。

不知大家是否還記得早前日本有位「黑面女優-- 澤尻英龍華 (Erika Sawajiri) 呢?「尻」原指脊椎尾近盤骨的部位,而「澤尻」則是指河川的下游位置。

「山田」(やまだ Yamada) ,曾經是日本的三大姓氏之一,顧名思義就是「山裡的稻田」。以前日本人稱那些在山中耕作的人為「山田さん」,久而久之就成為日本人的姓氏了。

一般來說,田地大多是出現在平原或河邊,因此理論上姓「原田」(はらだ Harada) 或「川田」(かわだ Kawada) 的日本人應該比叫「山田」的人多才對,但是結果恰好相反,因為古時候日本是個山多平原少的農業國,所以叫作「山田」的日本人也就比「原田」或「川田」的人多了。

在「沖繩」(おきなわ Okinawa) 姓「與那國」(よなぐに Yonaguni) 的人比較多,這是因為古時那裡是「琉球國」(りゅうきゅうのくに Ryokyou-nokuni) 的緣故。而「北海道」(ほっかいどう Hokkaido),則姓「金田一」(きんだいち Kindaichi) 的人比較多,這是因為那裡原本是『阿伊努族』(Ainu) 聚居的地方。

中國型

有經常往返中國營商的商旅,就直接取材中國姓氏,於是就有姓「張」(ちょう Chiyu)、「田」(でん Den) 、「林」(はやし Hayashi)、「翁」(おきな Okina)、「江」(ご Go)、「花」(はな Hana)、「原」(はら Hara)、「桂」(かつら Katsura)、「河」(かわ Kawa)、「川」(かわ Kawa)、「君」(きみ Kimi)、「岸」(きし Kishi)、「池」(いけ Ike)、「高、洪、耕」(こ Ko)、「金」(こん Kon)、「森」(もり Mori)、「連」(むわじ Muraji)、「關、石」(せき Seki)、「司馬」(しば Shiba)、「平」(たいら Taira)、「司」(つかさ Tsukasa)、「萬」(よろず Yorozu) 等姓氏;所以在日本看到姓「張」(ちょう Chou) 的,並不一定是中國人;日本「張」姓起源於「鹿兒島」(Kagoshima)「薩摩藩」(さつまはん Satsuma) 地區的一個大族。

職業型

也有的民眾怕官府處罰,慌不擇姓下就以自己職業為姓,有:「味香」(みこう Mikou)、 「味美」(あじよし Ajiyoshi)、「那妓」(なぎ Nagi)、「豬飼」(いかい Ikai)、「豬狩」(いかり Ikari) 、「服部」(はっとり Hatsutori)、「鍛冶」(かぬち Kanuchi)、「古井丸」(こいまる Koimaru ) 、「衛門」(えもん Emon) 、「國師」(くにし Kunishi)、「一法師」(いちほし Ichihoshi) 等姓氏。

「犬養」(いぬかい Inukai) --- 這個並不是罵人的話,「犬養」是「犬を養う」的名詞形,「犬」(いぬ Inu) 意思是狗,「養う」(かう Kau) 的意思是飼養,所以是養狗的意思,古時候日本習慣用職業來稱呼對方,看到養狗的人就順口叫做「犬養さん」,於是「犬養」就成為日本人的姓氏了。

祥瑞型

一些有點文化的選擇,有以:「福澤」(ふくさわ  Fukusawa)、「長命」(ちょうめい Chyoumei)、「千年」(ちとせ Chitose)、「松竹」(しょうちく Shouchiku)、「寶木」(たからぎ Takaragi)、「寶生」(ほうしょう Houjou)、「多喜」(たき Taki)、「安福」(やすふく Yasufuku)、「安樂」(あんらく Anraku) 等好聽吉祥的詞作姓。當然「松」(まつ Matsu)、「鶴」(つる Tsuru)、「龍」(りゆ Ryu) 、「龜」(かめ Kame) 、「龜龍」(かめたつ Kametatsu) 等長壽象徵自然不會錯過。

數字型

把數目字用在姓名中,是日本人姓名的又一特色,連「百」(もも Momo)、「千」(ち Chi)、「萬」(よろず Yorozu) 也都成為了姓。例如有姓「一万」(いちまん Ichiman)、「一本」(いちもと Ichimoto) 、「一色」(いちしき Ichishiki) 、「一樂」(いちらく Ichiraku)、「一宮」(いちめや Ichimiya)、「一圓」(いちえん Ichien)、「一ノ瀨」(いちのせ Ichinose)、「二口」(ふたくち Futakuchi)、「二見」(ふたみ Futami)、「二木」(ふたつき Futatsuki)、「二宮」(にのみや Ninomiya)、「三宅」(みやけ Miyake)、「三谷」(みたに Mitani)、「三池」(みいけ Miike)、「三木」(みき Miki)、「四家」(しけ Shike)、「四島」(しじま Shijima)、「四谷」(よつや Yotsuya)、「五木」(いつき Itsuki)、「五島」(ごとう Gotou)、「五味」(ごみ Gomi)、「五代」(ごだい Godai)、「五十嵐」(いがらし Igarashi)、「六条」(ろくじょう Rokujiyo)、「六角」(ろっかく Rokkaiku)、「六反圓」(ろくたんぞの Rokutanzono)、「七海」(ななみ Nanami)、「七条」(しちじょう Shichijiyou)、「八木」(やぎ Yagi)、「八田」(はった Hatta)、「八幡」(やはた Yawata)、「八切」(やぎり Yagiri)、「八馬」(はちうま Hachiuma)、「八十島」(やそしま Yasoshima)、「九鬼」(くき Kuki)、「九条」(くじょう Kujou)、「十時」(ととき Totoki)、「十文字」(じもんじ Jumonji)的,還有姓「五十鈴」(いすず Isuzu)、「百代」(ももよ Momoyo)、 「六百田」(ろくぴゃくだ Rokupyakuda)、甚至有姓「千葉」(ちば Chiba)、「千田」(せんだ Senda)、「千賀」(せんが Senga)、「千家」(せんけ Senke) 、「萬代」(ばんだい Bandai) 的。

建築型

也有以建築物為姓的,如:「大屋、大宅」(おや Oya) 、「役所」(やくしょ Yakushou) 、「稅所」(さいしょ Saisho)、「大戶」(おおとや Ootoya)、「橘家」(たちばなや Tachibanaya)、「辻堂」(つじご Tsujido)、「金城」(かねしろ Kaneshiro)、「二階堂」(にかいどう Nikaidou)、「二葉亭」(ふたばてい Futabatei)、「宇都宮」(うつのみや Utsunomiya)、「西園寺」(さいおんじ Saionji)、「近江屋」(おうみや Ohumiya)、「吉岡屋」(よしおかや Yoshiokaya)、「三河屋」(みかわや Mikawaya)甚至有姓「瓦」(かわら Kawara) 的;

一些寄居寺院或跟寺院有關的人會以寺門為姓又或索性以寺院名字作姓,例如:「寺內」(てらうち Terauchi)、「寺門」(てらかど Terakado)、「寺下」(てらした Terashita)、「小寺」(こでら Kodera)、「大寺」(おおてら Ootera)、「三宮」(さんのみや Sannomiya)、「小野寺」(おのでら Onotera)、「藥師寺」(やくしじ Yakushiji)、「善養寺」(ぜんようじ Zenyouji) 。

器物型

與器物有關的姓氏,如:「機」(き Ki 桌子的意思)、「遝」(た Ta 鞋子的意思)、「笠」(かさ Kasa)、「二瓶」(にへい Nihei)、「常盤」(ときわ Tokiwa)。

而日本最大的姓氏「鈴木」(すずき Suzuki) ,原來古時候農民為了祈求農作物豐收,寺廟每年都會舉行祭典,而掌管祭典的祭司拿在手中的木造法器就叫作「鈴木」,「鈴木」祭司同時也掌管了地方的耕作事宜。因此許多農民為求豊收,所以紛紛以「鈴木」為姓了。

大自然型

有取材自動植物的,植物型如:「小豆」(あずき Azuki)、「高木」(たかぎ Takagi) 、「楠木」(すのき Sunoki)、「真木」(さなき Sanaki)、「栗木」(くりき Kuriki)、「若菜」(わかな Wakana)、「紫藤」(しとう Shitou)、「綿貫」(わたぬき Watanuki) 、「竹之下」(たけのした Takenoshita) 等。

物型就有:「魚」(さかな Sakana) 、「鷺」(Sagi)、「熊」(くま Kuma)、「飛鳥」(あすか Asuka)、「草薙」(くさなぎ Kusanagi)、「鴨下」(かもした Kamoshita)、「犬伏」(いぬぶし Inubushi)、「龜梨」(かめなし Kamenashi)、「大鹿」(おが Oga)、「鹿持」(かもち Kamochi)、「來馬」(くるま Kuruma)、「熊野」(くまの Kumano)、「熊代」(くましろ Kumashiro)、「熊本」(くまもと Kumamoto)、「獅子」(しし Shishi)、「獅騎」(しき Shiki) 、「兔子尾」(としお Toshio)、「南蛇井」(なんじゃい Nanjai) 等。

此外還有取材自自然現象的姓氏,水火遍野的叫「火野」(ひの Hino)、「水野」(みずの Mizuno),「天野」(あまの Amano) 也有姓「日光」(にっこう Nikkou)、「朝日」(あさひ Asahi)、「北風」(きたかぜ Kitakaze) 。

鬧鬼型

也許是居於墳地附近,又或以殯葬為業的,就取:「大塚」(おおつか Ootsuka)、「小塚」(こづか Koduka)、「鬼塚」(おにづか Oniduka)、「戶塚」(とつか Totsuka)、「平塚」(ひらつか Hiratsuka)、「犬塚」(いぬづか Inuduka) 為姓

據說當時日本政府下了「苗字必稱令」之後,一些不識字無法自行取姓氏的百姓,紛紛去請示村長,希望能夠為他們取個合適的姓氏。傳說當時有個愛喝酒的大漢帶著酒意去找村長,村長看他面露紅光,於是靈機一觸便為他取姓為「赤面」(あかつら Akatsura),不過這位大醉漢挑剔不領情,不喜歡「赤面」這個姓氏,村長光火了,隨口將「赤面」改為「赤塚」(あかつか Akatsuka) ,因此「赤塚」也成為了姓氏。

有些就索性以傳說妖怪「百目鬼」(どうめき Doumeki)、「百々目鬼」(どどめき Dodomeki) 為姓,甚至有姓「鬼頭」(きとう Kitou) 的

隨意型

有的人實在想不出好辦法,只好隨便起一個,於是有姓「世耕」(せこう Sekou)〔大概屬世代農耕之家吧〕,也有姓「我謝」(がじ Gaja) 、「我妻」(あがつま Agatsuma)、「末續」(すえつぐ Suetsugu)、 「夢見」(ゆめみ Yumemi)、「伊吹」(いぶき Ifuki) 、「面出」(めんで Mende) 、「伏下」(ふししな Fushishita)、  「足立」(あだち Atachi)、「足代」(あじろ Ajiro)、「目黑」(めぐろ Meguro)、「赤西」(あかにし Akanishi)、「赤尾」(あかお Akao)「赤目」(あかめ Akame) 等,連「中秋」(なかあき Nakaaki) 都是姓!

女士的主觀願望:「大波」(おなみ Onami)、「穴迫」(あさなこ Anasako)、「白戶」(しらと Shirato)、「荒玉」(あらたま Aratama)、「秋貞」(あきさだ Akisada)、「妹尾」(せのお Senoo);

男士的自我陶醉:「巨砲」(おおづつ Oodutsu)、「長根」(ながぬ Nagane)、「阿具根」(あぐぬ Agune)、「長久」(ながひさ Nagahisa)、「久我」(こが Kuga)、「不破」(ふわ Fuwa)、「無敵」(むてき Muteki)

還有「鴇田」(ときた Tokita)、「我孫子」(あべこ Abiko) 、「佐久間」(さくま Sakuma)「早乙女」(そおとめ Sootome)、「阿比留」(あびる Abiru)、「御手洗」(みたらい Mitarai)〔廁所??〕、「忽滑谷」(ぬかりや Mekariya) 「湯ノ上」(ゆのうえ Yunoue) 等等全來了。

另外也有像 1945 年的首相姓「幣原」(しではら Shidehara)、著名男優「反町隆史」(そりまち たかし Takashi Sorimachi) 氏等怪姓也不少。

自創字型

在日本姓氏中,存在不少日本自創的日語漢字姓氏,如:「姉崎」(あねさき Anesaki)、「姉小路」(あなのこじ Ananokoji)、「澤脇」(さわき Sawaki)、「瀨畑」(せばた Sebata)、「笹谷」(ささたに Sasatani)、「榊原」(さかきばら Sakakibara)、「阪木」(さかき Sakaki)、「鮎川」(あゆかわ Ayukawa)、「桝島」(ますじま Masujima) 、「小堺」(おさかい Osakai)等。

姓氏字數

日本人的姓多數由兩個漢字組成,少的有一個字,最多的有九個漢字,如姓「今」(いま Ima) 的、「塙」(はなわ Hanawa)、「北」(きた Kita)、「池」(いけ Ike)、「岸」(きし Kishi)、「田中」(たなか Tanaka)、「鈴木」(すずき Suzuki)、「宇都宮」(うつのみや Utsunomiya)、「西園寺」(さいおんじ Saionji),「敕使河原」(てし がはら Teshigahara),「勘解由小路」(かでゆこうじ Kadeyukoji) 等。但因為太長的姓使用起來非常不便,於是漸漸廢棄字數太多的姓。

日本人的姓字數長短不一,為了分清哪些是姓,哪些是名,在正式署名場合,在姓與名中間,會習慣留出一個字的空位來,前面是姓,後面是名;如:「井上清」(いのうえきよし Kiyoshi Inoue),要寫成「井上 清」,「二階堂進」(にかいどう すすむ Susumu Nikaidou),要寫成「二階堂 進」,「八木下弘」(やぎし たひろし Hirosi Yagishita),要寫成「八木下 弘」。

最常見的姓氏

中國素有百家姓這種說法,但在日本,姓氏數目有十幾萬個,日本人口才一個億多,平均一個姓可能只有幾百人。最常見的約有 40 多個,其中「鈴木」(すずき Suzuki) 是目前日本第一大姓,其他大姓有「山田」(やまだ Yamada)、「佐藤」(さとう Satou)、「田中」(たなか Tanaka)、「山本」(やまもと Yamamoto)、「渡邊」(わたなべ Watanabe)、「高橋」(たかはし Takahashi)、「小林」(こばやし Kobayashi)、「中村」(なかむら Nakamura)、「伊藤」(いとう Itou)、「齋藤」(さいとう Saitou) 佔總人口的 10%,約有 1000 多萬人。

直至 1898 年,政府制定了《戶籍法》,每戶的姓才固定下來,不得再任意更改。因為日本人的「姓」來得突然,來得特殊,它的內涵也與眾不同。世界各國的姓多是表示血緣關係的,而日本的姓卻很少有這個意義,姓同一個姓的不一定有血緣關係,不是同一個姓的倒可能是親屬。

 

與本文同系列之相關文章

日本人姓名【一】姓氏的起源

日本人姓名【三】取名方式與讀法

文章標籤

kason2047 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()